Webデザインに“デザインセンス”は必要か?

結論を言えば、私はWebデザインにデザインセンスは必要ないと考えています。
しかし、この話をするにはまず“Webデザイン”と“デザインセンス”がそれぞれ何を指すのかをはっきりさせる必要があります。

Webデザインとはなんぞや

私はWebデザインには“設計”と“装飾”の2つの面があると考えています。

“設計”のデザインは、ページ設計やページ毎のレイアウト等のことで、ユーザービリティやらなんやら言われている部分です。
それに対して“装飾”のデザインは、使用する写真やフォント・色の選定、画像作成や余白の調整等のことで、デザインセンスだなんだと言われている部分です。

説明のために“設計”と“装飾”それぞれの具体例を挙げはしましたが、本来この2つは「これは設計のデザイン、これは装飾のデザイン」ときれいに分けられるようなものではありません。

例えば、設計のデザインで決めたページ毎の情報量やレイアウトは、見た目(“装飾”のデザイン)にも影響してきますし、 逆に、カテゴリ毎に色分けをしたり、余白やグラデーションなどで視線を誘導することで、“装飾”のデザインから“設計”のデザインへのアプローチも可能です。

このお互いの領域に重なる部分を持つ“設計”と“装飾”を合わせた物を今回は“Webデザイン”と定義します。

設計と装飾について掘り下げる

もう少しだけ設計と装飾についての話をします。

Webデザインのおおまかな流れとして、ワイヤーフレームやモックアップで設計のデザインをし、PsやFwでデザインカンプを作る時に装飾のデザインをします。

この順番からもわかるように、設計のデザインがダメだとどんなに素晴らしい装飾のデザインをしても手遅れなわけですが、だからといって装飾のデザインの重要度が低いという訳ではありません。

極端な話ですが、例えばページ構成やレイアウトなどの設計のデザインが完璧なサイトを作ったとします。
しかし、せっかく構成が素晴らしいサイトを作ったとしても、見た目がお粗末なデザインでは1クリックもすることなく立ち去られてしまうかもしれません。
装飾のデザインをしなかったばっかりに肝心の中身を見てもらえないのです。

逆に、第一印象で「おっ!」と思わせること、サイトに好印象を持ってさえもらえれば、「多少使いづらくても見てみる」くらいのことをさせる力を装飾のデザインは持っていると思います。

デザインセンスは必要か?

本題に戻ります。

Webデザインは“設計”と“装飾”を合わせたもの、そして“設計”と“装飾”それぞれがどのような物なのか理解してもらえたかと思います。
次はそこにデザインセンスが必要かどうか、という話になります。

とは言っても、デザインセンスというのはとても曖昧な言葉で、センスというからには感性や感覚みたいな意味だとは思いますが、万人が納得するような定義をするのは難しそうです。

とりあえずはっきりしているのは、Webデザインの2つの面のうち、“設計”のデザインの方はセンス云々ではなくひたすら理詰めの作業であるということで、一般的にデザインセンス云々が必要だと言われているのはもう一方の“装飾”のデザインの方です。

「装飾のデザイン」だなんて聞くとまさに“デザインセンス”が必要な感じがしてしまいますが、考えても見てください。

装飾のデザインでは使用する写真や画像、色やフォント(その他ロゴ作成、バナー作成、ボタン作成、余白の調整等々)を決めるわけですが、そこには必ずすべて選んだ理由があるはずです。「なんとなく」なんていう理由は許されません。

そう考えると、“装飾”のデザインとはいっても、そこにあるのもまた徹底した理詰めの作業であり、配色から余白のとり方まで「デザインセンス」だなんていう得体のしれないモノが入る余地など無く、結局Webデザインというのは最初から最後までひたすら理詰めの作業なのではないでしょうか。

ただし、だからといって理詰めで考えれば誰でもWebデザインが出来ると言う訳ではありません。

様々なWebデザインを見て引き出しを増やしておかなければ、理詰めで考えるにしても選択肢が少ないので最適なデザインを思いつくことができないかもしれません。
また、最適なデザインが何かわかっていたとしても、それを実際に作るスキルも必要になります。

結局Webデザインも、その他多くの職業と同じく、経験量がモノをいう世界なのではないでしょうか。

追記部分:この記事では最初から最後まで「デザインにセンスは要らない」という事を強く主張していますが、デザイナーの影の努力も「センスいいねー」の一言で片付けられちゃうのは納得いかないよね!というデザイナー擁護のつもりで書きました。デザインセンスの定義も曖昧なまま結論付けているのもその為です。

決して「Webデザインにセンスも何もないでしょ」という意味ではないです。誤解を招くようなあおり気味タイトルで申し訳ない。

Webデザインに“デザインセンス”は必要か?」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 背景がフルスクリーン写真のwebサイトのまとめや2011年から選ぶフリーのWordpressテーマなど今日のまとめ | WDS

  2. ted

    アートに意味はなくてもよいが、デザインから意味がなくなったらアートですらないと思う。理詰めって書くと口論してるみたいだけど、ただ単にクライアントのために手を抜かずに考えるってことでしょ。

    「センス」については人それぞれ的なワードなので、よくわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。